ロジカル・アプローチ2 | 整体は大阪天王寺区ことは整体に

大阪で整体なら大阪市天王寺区「ことは整体」に。ロジカル・アプローチの考え方1をご紹介します。


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

ロジカル整体の詳細1

ロジカル・アプローチの考え方

ロジカル・アプローチ1でもお伝えした通り、ロジカル・アプローチは整体方法(手技)の名前ではありません。症状の原因を論理的に導き出す考え方のことをいいます。

ロジカル・アプローチの特徴は以下の2つです。
(1)症状と原因のつじつまを合わせる。
(2)痛みが起こるタイミングや動きをしっかり考える。

文章にするとなんだか難しそうですが、決してそんなことはありません。むしろ、逆です。症状をシンプルにとらえて、いかに簡単に考えるかがロジカル・アプローチのコツです。

それでは、どのように根本原因を導き出すかを、実際の整体症状を例にご説明いたします。

【お悩みの方】40代の男性。

【症状】
お仕事で長時間車を運転していると右腰が痛くなってくる。
短時間の運転では痛くならない。
映画館などで長時間座っていても痛くならない。
お仕事が休みの水曜日は痛くならない。

【病院の診断】
レントゲンによる検査で腰椎(腰の骨)の4番・5番に歪みが見つかり、その歪みが腰痛の原因と伝えられたそうです。

本当に腰椎の歪みが原因?

まずは病院の診断結果を考えてみます。

腰椎が歪んで腰が痛くなるというのは、いかにもありそうなことですね。実際に腰椎の歪みが腰痛を引き起こす場合もあります。でも、上記の症例ではつじつまが合っていません。解剖学などの難しい知識ではなく、シンプルに考えてみるとわかります。

どこがつじつまが合っていないというと『お仕事が休みの水曜日は腰が痛くならない』というところです。

腰椎が歪んでいるとすれば、月曜日から日曜日まで毎日歪んでいるはずです。もし、その毎日歪んでいる腰椎が腰痛の原因であるならば、毎日(月曜日から日曜日まで)腰が痛くなと考えるのが自然です。

ところが、仕事がお休みの水曜日だけは腰が痛くなりません。それでも、腰椎の歪みが腰痛の原因とするならば、水曜日だけ腰椎が歪んでいないことになります。それはおかしいですね。腰椎の歪みを原因とすると、症状と原因のつじつまが合いません。

腰椎は毎日歪んでいる。水曜日だけ歪んでいないのはおかしい。解剖学の知識がなくてもわかることです。

では、なぜつじつまが合わないのでしょうか? 理由はひとつしかありません。この方の症状は腰椎の歪みとは関係ないからです。つまり、腰椎以外に原因があります。(生活していれば誰でも骨が歪みます。全く歪んでいないほうが不自然です。また、多少の歪みがあっても痛みは起こりません)

症状をしっかり考えてみます

つじつまが合う原因を見つけるために、症状をしっかりと考えてみます。この方の症状で特徴的なのは以下のふたつです。

◎お仕事で長時間車を運転していると右腰が痛くなってくる。
◎映画館などで長時間座っていても痛くならない。

どこが特徴的かというと、車の運転も映画鑑賞も、椅子に座った状態ですので姿勢はほぼ同じです。にもかかわらず、一方は腰が痛くなり、一方は痛くなりません。不思議ですね。でも、よく考えてみると不思議ではありません。運転と映画鑑賞は大きな違いがあります。

解剖学などの難しい知識ではなく、シンプルに簡単に考えてみると違いに気づくと思います。

違いは、アクセルを踏む踏まないかです。姿勢は同じですが、車の運転ではアクセルを踏みます。つまり、アクセルを踏んだときだけ腰が痛くなります。であれば、アクセルを踏む行為のなにかが、腰痛を引き起こしているはずです。

また、アクセルを踏んでも腰はほとんど動きません。主に働くのは足ですから、足に腰痛の原因がひそんでいると考えられます。

少し話を戻しますが、『お仕事が休みの水曜日は痛くならない。』という内容から、骨の歪みが原因ではないと最初に判断しています。それをふまえて考えてみると、足に腰痛の原因がひそんでいそうですが、足の骨は腰痛と無関係ということになります。

では、足のなにが原因でしょうか?それは『短時間の運転では痛くならない』にヒントがあります。

長時間の運転だと痛みが起きても、短時間の運転だと痛みは起こりません。その違いは疲労です。つまり、長時間の運転ではどこかが疲労しますので、そのどこかが疲労したときに痛みが起きています。短時間の運転ではどこも疲労しませんので、痛みも起こりません。

もうおわかりの方もいらっしゃるかもしれませんが、アクセルを踏むという動作は、足首の曲げ伸ばし運動です。運動で疲労するのは筋肉ですから、この方の腰痛は足の筋肉疲労が原因です。

そこで、ふくらはぎなどの足の筋肉を中心に整体すると、腰の痛みがかなり軽減したそうでとても喜んでいただきました。やはり、足の筋肉疲労が腰に悪影響を及ぼしていたようです。ロジカル・アプローチ1でご紹介した前屈の例のように、症状の起きている部位に原因があるとは限らないということです。

少し長くなってしまいましたが、このように考えていく整体理論がロジカル・アプローチです。

当院について

解剖学に乗っ取って考えていくと、腰痛の原因は腰椎(腰の骨)の歪みかもしれません。でも、症状と原因のつじつまが合っていない場合は、他に原因があるはずです。

『水曜日だけ腰椎が歪まないなんておかしい』というのは、誰にでもわかる簡単なことです。解剖学の知識なんて必要ありません。しかし、腰椎に原因があると、はなから決めつけてかかると、それが固定概念となって、簡単なことでも考えが及ばなくなります。結果的につじつまの合わない診断をくだしてしまいます。

また『車の運転と映画鑑賞の違いはアクセル』というのも、誰にでもわかる簡単なことです。しかし、これも固定概念にとらわれていると、なかなか気づかないことです。違いに気づけなければ、『アクセルを踏めば腰痛が起こり、踏まなければ腰痛は起こらない』という重要な違いにも気づきませんから、足に原因があるとも判断できません。

もし、なかなか改善しない症状でお悩みなら、間違った部位に治療や矯正を続けていないか、一度考えてみてください。痛みが起こるタイミングや動きを冷静に考えてみると、症状と原因のつじつまが合っているかどうかがわかると思います。

次のページでもいくつかの症例をご紹介します。

前へ  次へ

当院について

大阪市の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16 北井ビル1階
最寄駅:大阪市営地下鉄【谷町線】の四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩1分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から10分〜12分
予 約:ご予約・お問い合わせページ
料 金:料金ページ


施術期間
通常、週1回のペースで1〜3回で終了致します。ただし、施術には個人差があり、症状にも重度軽度があります。稀に4回以上の整体が必要な場合もあります

整体後の好転作用について
整体当日、または翌日に、稀に、症状がひどくなった様な痛みや、筋肉痛のような症状が起こる場合があります。好転作用と呼ばれる症状で、お身体が良い方向に向かっている証拠です。1〜2日で治まる症状ですのでご安心ください。

院長よりメッセージ
大阪市天王寺区「ことは整体」では、なるべく早く症状を改善出来るように精一杯努力させていただきます。また、天王寺から1駅、大阪(東梅田)・南森町からも10〜12分のアクセス便利な整体院です。お気軽にお悩みをご相談ください。

◎住所:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16
◎電話:06-6773-4555
◎最寄駅:大阪市営地下鉄谷町線【四天王寺前夕陽ヶ丘駅】の3番出口より徒歩1分

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

整体の内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555