脛(スネ)が痛い | 整体は大阪市天王寺の「ことは整体」

脛(スネ)が痛い | 整体は大阪市天王寺の「ことは整体」

大阪で整体なら大阪市天王寺区「ことは整体」に。今回のコラムは「脛(スネ)が痛い」です。


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

コラムの内容

脛(スネ)が痛い

2019年10月31日

脛(スネ)に痛みがあるという方に整体をさせてもらいました。Mさんという四十代の男性で、痛みがあるのは右の脛です。

膝や足首の痛みでお悩みの方はよくいらっしゃいますが、脛の痛みでお悩みの方はとても珍しいです。5年ほど前に30代の女性に脛の痛みをご相談いただきましたが、脛にかんする症状はそれ以来です。

こういう珍しい症状の場合は、原因部位を見つけるために、いつも以上にしっかりをお話をおかがいする必要があります。

まず、どういう痛み方をするのかをおうかがいすると、脛全体が引きつるように痛いそうです。引きつる痛みというのは、筋肉が不自然に引っ張られるさいに感じる痛みです。骨の歪みがうんぬんという症状ではなく、筋肉になにかしらの問題があると考えて間違いないと思います。

ただ、脛が痛いからといって、脛の筋肉が原因とは限りません。痛い部位とは関係なさそうなところが、根本原因になっていることも珍しくありません。根本原因を見つけるために、足をいろいろと動かしてもらいました。

脛の筋肉というのは、足首を動かすときに働きます。しかし、足首を曲げ伸ばししてもらっても痛くないそうです。脛の筋肉を使う動きをしても、痛くないということをは、脛の筋肉は原因ではありません。

次に、膝を曲げ伸ばししてもらうと、曲げたさいに脛に痛みが走るそうです。膝を曲げたときに働くのは、ふくらはぎの筋肉か、太ももの後面の筋肉です。つまり、ふくらはぎや太ももの後面の筋肉を使ったときに痛みがありますので、その筋肉が原因である可能性が非常に高いです。

足の後面にある筋肉が、足の前面(脛)の症状に関係しているというのは、少しおかしな感じがするかもしれません。ですが、もし痛みと無関係であれば、それらの筋肉を使っても痛くないはずです。関係があるからこそ痛みがありま

そこで、ふくらはぎと太ももをチェックさせてもらうと、軽く押さえるだけでも強い痛みを感じる場所が、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)や半腱様筋(太ももの筋肉)などにいくつか見つかりました。また、それらの筋肉を中心に整体させてもらうと、脛(スネ)の痛みがかなりマシになったそうです。

やはり、脛の筋肉ではなく、ふくらはぎや太ももの後面の筋肉が、痛みの原因だったようです。今回の症状に限ったことではありませんが、どのような痛み方をするのか、どのように動かすと痛いかなど、お話をしっかりとおうかがいすることが大切ですね。

コラムトップページ

当院について

大阪市天王寺区の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)
最寄駅:地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口から徒歩1分
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から約10分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

各症状と整体内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555