最適な運動量 | 整体は大阪天王寺区ことは整体に

大阪で整体なら大阪市天王寺区「ことは整体」に。今回のコラムは「最適な運動量」です。


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

コラムの内容

最適な運動量
2017年11月5日

ご来院いただいた方が「調子の悪いときは安静にしておいたほうがいい? それとも少しは運動したほうがいい?」といった内容の質問されることがあります。今回はそのご質問についてのコラムです。

以前、海外で腰痛の方を対象にしたある実験が行われました。以下の3つのグループわけて、それぞれの治り方を記録する実験です。

(1)安静にしているグループ
(2)運動療法を行うグループ
(3)普段どおりの日常生活を行うグループ

結果は、日常生活をするグループが最も治りが早く、安静にしているグループが最も遅かったようです。つまり、日常生活程度の軽い運動が適しているということですね。運動療法までいくと身体を動かし過ぎですが、身体を動かさない(安静)でいるのもよくありません。

上記の内容はインターネッドで検索するといくつかヒットし、安静は絶対にいけないとも警告されています。でも、それを信じて頑張っていた(日常生活をおくっていた)というのに、悪化したという方がときどきご来院されます。

確かに安静にしすぎるのはよくありません。血行が悪くなって治りが遅くなります。でも、だからといって、とにかく日常生活は怠らないように、注意喚起するのはちょっと極端な気がしますね。

当然ですが、症状には重度と軽度があります。重度の方は日常生活でも運動のしすぎになり、悪化してしまう場合があるんです。それに、日常の生活の運動量は人によって全然違いますから、一概に日常生活程度の運動が適しているとは言えません。人それぞれということです。

では、どのくらい身体を動かしていいものなのでしょうか? 明言できればいいのですが、これも人それぞれとしか言いようがないんです。曖昧な答えになってしまいますが、痛みを指標にして、ご本人で判断してもらうしかありません。

少し極端な例ですが、手首を骨折したとします。手首をぐりぐり動かしたら、相当痛いでしょうし、おそらく悪化しますよね? でも、痛くない程度に指先とか、肘や肩を動かすと、血行がよくなって治りが早くなります。

慢性痛も同じで、痛くないように身体を動かすと治りが早まりますが、痛みを我慢して無理に身体を動かせば症状が悪化します。痛みは身体によくないことを知らせてくれる信号ですから、その信号を無視して身体を動かし続ければ、やっぱり悪化してしまいますね。

少し痛いくらいなら大丈夫ですが、強い痛みがある場合はその動きを避けて、日常生活をすごしてください。というのが適切な運動量だと当院では考えています。

それと、上記の実験で安静していた(1)グループは、数日間ほとんど寝たままという、かなり極端な方法をとっています。健康な方でも筋肉が硬くなって、調子が悪くなるレベルです。実験結果を明確にするため、徹底した方法で試みたんでしょうね。

普通はそこまで安静にできませんから、ある程度は自然に身体を動かしているはずです。ときには身体を休めることも大切だと覚えておいてください。長々としたクラムになってしまいましたが、結局は無理は禁物ということですね。

コラムトップページ

当院について

大阪市天王寺区の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)
最寄駅:地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口から徒歩1分
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から約10分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

各症状と整体内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555