整体は大阪市天王寺区「ことは整体」 痛みの原因を見付けるヒント

今回は「痛みの原因を見付けるヒント」:大阪の天王寺「ことは整体」院長の色々な内容のコラムです。


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

コラムの内容

痛みの原因を見付けるヒント

更新日:2010年1月21日

当院ではこんな考え方で整体をします。

先日、膝痛の方にご来院いただきました。膝を曲げると痛いそうですので、うつ伏せに寝て膝を曲げてもらうと、曲げ始めてすぐに痛みが起こります。でも、ご本人には力を抜いてもらって、僕が足を持って膝を曲げていくのは、痛みは起こらず、どこまででも曲げる事が出来ます。

この『痛い』『痛くない』の違いを考えるのが当院の整体です。

膝痛の大半は変形性膝関節症とされていて、この方も、変形性膝関節症との診断もあったそうです。また、変形性膝関節症の痛みは、老化などが主な原因で、関節軟骨が摩耗・破損し、周辺組織が炎症を起こしている痛みです。炎症を起こしているなら、刺激を与えると痛みが強くなりますので、膝を動かしてはいけませんね。

でも、この方の場合は、ご本人の力で膝を曲げた時だけ痛みが起こっています。と言う事は、変形性膝関節症には当てはまりません。

ご本人の力で膝を曲げても、誰かに膝を曲げてもらっても、膝は同じように動いています。もし、変形性膝関節症が痛みの原因なら、どちらの場合も、同じように痛みが起こる筈ですが、実際に痛いのはご本人の力で曲げた時だけなんです。

それなら、変形性膝関節症ではなく、ご本人の力で膝を曲げた時だけに、痛みを起こす原因が、何処かに隠れている筈ですね。

当院では整体を開始する前に、症状について質問させてもらったり、身体を動かしてもらったりする事があります。今回の膝痛のように、変形性膝関節症と決めつけずに、お話をしっかりと聞かせもらうと、本当の原因を見付けるヒントがあるからです。

もちろん、解剖学や医学の知識も大切ですが、やっぱり、一番大切なのは『こうすると痛い・・・でも、これなら痛くない』など、不調のある方の言葉です。もし、その内容が、解剖学や医学の考えと違っていたら、迷わず『言葉』を優先するべきですね。

これからも、しっかりとお話を聞いて、しっかりと考えていきます。

コラムトップページ

当院について

大阪 天王寺の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)
最寄駅:地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口から徒歩1分
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から約10分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

各症状と整体内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555