軟骨のすり減りと膝痛 | 整体は大阪天王寺区ことは整体に

大阪で整体なら大阪市天王寺区「ことは整体」に。今回のコラムは「軟骨のすり減りと膝痛」です。


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

コラムの内容

軟骨のすり減りと膝痛
2017年11月17日

Tさんという男性に、膝痛をご相談いただきました。正座したときに右膝に痛みがあります。また病院では、膝の軟骨がすり減っていることが原因と診断があったそうです。

整体を開始する前に、まずは膝の状態をいろいろチェックさせてもらいました。すると、正座の仕方で痛みが変わるのがわかりました。足首を伸ばして正座すると膝が痛みがあるものの、つま先を立てて正座するとほぼ痛くないそうです。

正座すると膝が痛い

上記のイラストを見てもらうとわかる思いますが、つま先を立てていても、立てていなくても、膝は同じように曲がっていますよね? つまり、膝は問題なく曲げられるということです。もし問題があれば、爪先を立る立てないに関係なく、どんな状態でも膝を曲げれば痛いはずです。

では、なにに問題があるかというと足首です。足首がうまく伸ばせなくなっています。また、膝に痛みが出ているのは、ロジカル・アプローチ1で紹介している前屈の例と同じで、たまたま膝に負担がかかっただけです。前屈は腰が足の後面に負担をかけますが、Tさんの症状は足首が膝に負担をかけています。

実際に、足首をうまく伸ばせるように整体すると、膝の痛みがだいぶ軽減したそうです。

レントゲンなどで軟骨のすり減りがみつかると、そこが原因のように思ってしまいますよね。でも、痛みとは関係ないということも多々あります(軟骨がすり減っているからといって必ず痛みが出るとは限りません)。

膝に痛みがあり、軟骨のすり減りが原因だと診断されたとしても、一度身体をいろいろと動かしてみてください。なんらかの動き(足首を立てるか立てないかなど)で痛みに変化があれば、軟骨のすり減りとは関係ない痛みかもしれませんよ。

コラムトップページ

当院について

大阪市天王寺区の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)
最寄駅:地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口から徒歩1分
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から約10分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

整体の内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555