大阪市で股関節痛を改善 | 整体は大阪天王寺区ことは整体に

大阪で整体なら大阪市天王寺区「ことは整体」に。今回のコラムは「股関節痛の原因は股関節?」です


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

コラムの内容

股関節痛の原因は股関節?
2017年10月17日

Oさんという男性に、足の付け根の痛みをご相談いただきました。足を持ちあげると、鼠蹊部から太ももの前にかけてが痛くなります。他院では股関節に問題があり、足を持ちあげると神経を圧迫して痛みが起こると伝えられたそうです。

でも、おそらく股関節(骨)が原因ではありません。というのも、Oさんはデスクワーク中心のお仕事をされているのですが、仕事中に股関節が痛くならないからです。

股関節の角度

上記のイラストを見てもらうとわかる思いますが、足を持ちあげるのも、座っているのも、どちらも股関節の角度は90°です。ということは、足を持ちあげたときに神経を圧迫するのならば、座っているときにも神経を圧迫しているはずです。

それを前提に考えてみると、もし股関節(神経の圧迫)が痛みの原因であれば、座っているときにも痛くなって当然ですね。股関節を同じ角度に曲げて、同じように神経を圧迫しているのですから、同じように痛みが起きないほうがおかしいです。

でも、座っているときは痛みが起こりません。股関節が痛みの原因をすると、症状と原因のつじつまが合わなくなります。合っていないということは、股関節(神経の圧迫)が痛みの原因ではない証拠ですね。

痛みの本当の原因は、足を持ちあげるのと、座っている状態では、なにが違うのかを考えてみればわかります。座っているときは股関節がただ90°に曲がっているだけです。でも、足を持ちあげるときは力を使います。つまり、ふたつの違いは、筋肉を使っているか使っていないかです。

座っているときは単純に股関節が曲がっているだけですが、足を持ちあげるときは股関節の屈曲筋を使っています。股関節の屈曲筋を使ったときのみ痛みが起きていますから、Oさんの痛みの原因は股関節の屈曲筋です。

ロジカル・アプローチでも説明していますが、当院では上記のように、症状と原因のつじつまを合わせて整体をすすめていきます。もちろん、解剖学などの知識も大切ですが、症状と原因のつじつまを合わせるというのも、お身体にアプローチするさいに必要な考え方です。

コラムトップページ

当院について

大阪市天王寺区の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)
最寄駅:地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口から徒歩1分
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から約10分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

整体の内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555