ぎっくり腰なら大阪天王寺「ことは整体」 ぎっくり腰について

今回は「ぎっくり腰」:大阪の天王寺「ことは整体」院長の色々な内容のコラムです。


整体なら大阪天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

ご予約・お問い合せ
営業日・営業時間

料金
所在地・アクセス方法

コラムの内容

ぎっくり腰

2010年4月27日

この1週間、ぎっくり腰の方が何人かご来院いただきましたが、昨日、月曜日にご来院いただいた方が一番重度なぎっくり腰でした。

土曜日に軽いぎっくり腰を起こし、月曜日に2度目のぎっくり腰を起こしたそうで、ご来院時には、90度近く腰を曲げて歩いているような状態でした。短期間で2回もぎっくり腰を起こすなんてお身体に相当の疲労が溜まっていたんでしょうね。

また、ぎっくり腰は、腰の筋肉「脊柱起立筋」「腰方形筋」などを傷めています。傷めている筋肉は炎症を起こしていますので、その筋肉をいじくりまわすのは御法度です。炎症を起こしている部位に力を加えると熱を持ち痛みが強くなる事が多く、一時的に楽になったとしても、その後、ぎっくり腰が癖になる可能性もあります。

では、整体では何も出来ないかと言うと、そんな事はありません。

とにかく、ぎっくり腰は腰が痛い症状なので、ご本人は気付いていませんが、腰以外に強い痛みの起こっている部分があります。それは腹部の筋肉です。腹部を軽く押さえるだけで、かなり強い痛みがあり、この方も「こんな所が痛いなんて気付きませんでした」とお話されていました。

そして、実はこの腹部の筋肉疲労が、ぎっくり腰の根本原因です。

筋肉は疲労が溜まると柔軟性を失います。お腹は腰の前にありますので腹部の筋肉が柔軟性を失うと、腰の可動にも影響を与え腰の筋肉(脊柱起立筋や腰方形筋)に大きな負担を掛けます。

その負担が許容範囲を超えて限界に達し、腰の筋肉が耐えれなくなった時に、腰の捻挫や肉離れを起こすのがぎっくり腰です。

また、ぎっくり腰が癖になるのは、これも1つの原因です。傷めている腰の筋肉を施術しても根本原因の腹部筋肉の疲労は残ったままですので、再び腰の負担が限界に達すると、ぎっくり腰を起こします。つまり、癖になっているのではなく原因が残っているだけです。

ちなみに、2度連続でぎっくり腰を起こした方は相当重度な状態ですので、1回の整体だけでは、すっきりと改善は出来ませんでしたが、腰は一切施術せず腹部の施術だけで、ある程度、腰を伸ばす事が可能になり、スムーズに歩けるようになってもらいました(腹部の筋肉は炎症を起こしていませんので施術可能です)

骨盤や腰椎にも強い歪みがありましたので、もう少し症状が落ち着いてから、腰の筋肉と共にケアさせていただく予定です。

<ぎっくり腰を発症したら?>

ぎっくり腰を発症後2〜3日は冷やす事が大切です。慢性腰痛は温めますが、ぎっくり腰は温めてはいけませんので注意してくださいね。

また、湿布より氷でもアイシングをお薦めします。水どおしした氷をビニール袋などに入れて、痛い部分に直接当ててください。また、20分以上冷やすと症状が悪化する場合がありますので時間に注意してください。15分冷やしたら30分休憩が基本です。

それから、安静にし過ぎていると血行が悪くなって治りが遅くなります。でも、痛みを我慢して無理に身体を動かしても悪化します。痛くない程度の日常生活にとどめて、身体をいたわってあげてください。

コラムトップページ

当院について

大阪 天王寺の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)
最寄駅:地下鉄谷町線の四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口から徒歩1分
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から約10分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

整体の内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
https://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555