腰痛 大阪市 大腰筋の整体なら大阪天王寺区「ことは整体」に

大阪市で腰痛(大腰筋)の整体なら大阪天王寺の当整体院に!腰痛を根本的に改善。


整体なら大阪市天王寺区ことは整体に!
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ1
一風変わった整体理論、ロジカルアプローチ2

腰痛の80%以上は?

腰痛

お悩みの方がとても多い腰痛ですが、多くの方が腰痛の原因は腰椎(腰骨)の歪みとお考えではないでしょうか? ですが、実際は腰椎の歪みが腰痛を引き起こすことはほとんどなく、一説では腰痛全体の3%以下といわれています。

それよりも圧倒的に多いのが筋肉が原因の『筋性腰痛(筋筋膜性腰痛)』です。慢性腰痛の80%以上が筋性腰痛といわれ、骨の歪みとは全く関係のない腰痛です。また、レントゲンで骨に歪みが見つかった場合も、ほとんどが骨自体の問題ではなく筋肉の影響によるものです。

腰痛と大腰筋の関係

大腰筋のケアが腰痛には大切です。

上記の筋性腰痛は腰周辺の筋肉が柔軟性を失うために起こる腰痛です。特に腰のインナーマッスルである「大腰筋(だいようきん)」は多くの筋性腰痛に関係しています。


腰痛に関係する筋肉

大腰筋は背骨下部(腰の骨)から、骨盤の前を通り、小転子(足のつけ根)に繋がる大きく強い筋肉です。

この大腰筋に問題があると、腰痛を発症する可能性が高くなります。


健康な筋肉は柔軟性があって自由に伸び縮みします。しかし、外部から強い衝撃が加わったり、疲労が蓄積されると、収縮と硬直を起こす性質があります。つまり、柔軟性を失って硬いゴムのような状態になってしまうのです。

大腰筋は腰の可動(動き)に強く影響している筋肉です。大腰筋の柔軟性が失われると、腰をスムーズに動かすことが出来なくなり、しかも大きくて強い筋肉ですから、腰の可動範囲が極端に狭くなってしまいます。

これが大腰筋による筋性腰痛の正体で、可動範囲が狭くなってスムーズに動かない腰を、無理矢理に動かすので痛み(腰痛)を感じるようになるのです。

また、レントゲンなどで腰椎(腰骨)に歪みが見つかった場合も、ほとんどが大腰筋の影響によるものです。

大腰筋は腰椎にくっついていますので、この筋肉の片側だけ(例えば右だけ)が収縮と硬直を起すと、腰椎を右に引っ張って結果的に歪みが生じます。これが歪みの正体で、骨自体が歪んでいるのではありません。

筋肉と骨の歪みの関係は、コラムの『筋肉を緩める整体』で詳しく紹介しています。よろしければ、そちらをご覧ください。

腰痛の原因は意外にシンプルです

腰痛に影響する可動範囲

もう少し詳しく、腰を後ろに反ると痛い腰痛の『伸展制限腰痛』を例に説明します。

腰痛を発症していない健康な方でも、腰を力いっぱい反り返せば痛みを感じますが、これは仕方ありません。健康な方であっても腰の可動範囲(動く範囲)を超えるまで無理に動かせば痛くて当然です。

でも、裏を返せば腰を無理に反り返らせるまで可動範囲の限界に達しませんので、普段の生活では痛みを感じることもありません。

一方、筋肉に収縮と硬直があって腰の柔軟性が低下している方(腰痛の方)は、可動範囲が極端に狭くなっていますので、少し腰を反っただけでも可動範囲の限界に達して痛みが起きてしまいます。

つまり、健康な方でも、腰痛の方でも、腰の可動範囲を超えれば痛みが起きるということで、その違いは可動範囲の広さだけです。


腰痛と可動範囲

◎健康な方(左図)
可動範囲が広いと、普段の生活の動作くらいでは可動範囲の限界を超えませんので、痛みを感じることもありません。

◎腰痛の方(右図)
可動範囲が極端に狭くなっていますので、普段の生活のちょっとした反る動作だけでも、簡単に可動範囲の限界を超えてしまい痛みを感じます。
また、身体が最も楽なのは、腰をほんの少しだけ前に曲げた状態です。重度の腰痛の方は、身体をまっすぐに伸ばすだけでも、可動範囲を越えてしまいます。


辛い症状の腰痛ですが、原因自体はシンプルで、腰(腰の筋肉)の柔軟性がないだけなのです。

もちろん、腰を後ろに反ると痛い『伸展制限腰痛』だけではありません。前に曲げると痛い『屈曲制限腰痛』や、捻ると痛い『捻転制限腰痛』など、80%以上の腰痛が筋肉によって引き起こされています。

腰の柔軟性が悪くなっているために、少し腰を前に曲げたり捻ったりするだけで、可動範囲を越えて痛みを感じているのです。

この柔軟性の低下を引き起こす原因になりやすいのが、前述した大きくて強い筋肉の『大腰筋』です。大腰筋によって腰の柔軟性が失われると、身体を真っ直ぐにしただけでも、可動範囲を超えて痛みを感じることまであります。


大腰筋による可動範囲減少

◎左図
大腰筋の収縮と硬直が悪化していくと、少し身体を前に曲げた状態が、ナチュラルな姿勢になります。

◎右図
こうなってしまった場合、身体を真っ直ぐに伸ばしているつもりでも、実は腰を少し反った姿勢になっています。しかも、腰の可動範囲が極端に狭くもなっていますので、可動範囲を超えて痛みが起こります。


硬いゴムのようになってしまった大腰筋の柔軟性を取り戻せば、腰の可動範囲が広くなり、簡単には可動範囲の限界に達しはしません。もちろん、痛み(腰痛)を感じることもなくなります。

もし、腰椎(腰の骨)を矯正しても腰痛がなかなか楽にならない方は、筋性腰痛の可能性を疑ってみてください。特に大腰筋のケアが大切です。


筋肉が原因の腰痛の例

(1)時間帯や長時間の行動によって腰痛の状態が変わる方

夕方頃から腰痛が起こる。
長時間同じ動き(立つ・歩く・座るなど)をしていると痛くなる。

骨格が歪んでいるとすれば24時間ずっと歪んでいます。骨格の歪みが原因の腰痛は、24時間痛みに変化がありません。時間帯や長時間の行動によって痛が変化する場合は、筋性腰痛の可能性が高いです。

(2)動き始めが痛くても、動いているうちにマシになる方

朝起きた時に腰痛が辛い。
長く座っていたあと、立ち上がるときに痛い。

身体を動かしていないと筋肉が硬くなってしまいます。その硬い筋肉を無理に動かすので、動き始めに痛みが起こります。しかし、動いているうちに筋肉が柔らかくなってきますので、腰痛もマシになります。

(3)その他

立ったまま靴下やズボンをはくと腰が痛い。
一度でもぎっくり腰を起こしたことがある方。
寝返りを打つと腰が痛い。

上記に当てはまる方は筋性腰痛である可能性が非常に高いです。

腰痛の根本改善に努めます

腰痛の整体法

上記の通り、慢性腰痛の80%以上が筋性腰痛ですので、当院では腰椎(腰骨)や骨盤の矯正に加えて、筋肉のケアもしっかり行います。

また、大腰筋は腰痛改善に大切な筋肉ですが、それだけが腰痛の原因ではありません。腰方形筋・脊柱起立筋・腹直筋・大腿直筋・中殿筋・梨状筋なども腰痛の原因になります。

そこで当院では、筋肉の調整に特化したカウンターストレインや、広範囲の筋肉にアプローチ可能な虚血圧迫(筋肉に持続圧を加える手技)などを用いて、腰痛の根本改善に努めています。

また、カウンターストレインも虚血圧迫も、強い力で無理に矯正するような整体ではありません。ゆっくりと優しく筋肉の深部に響かせますので、安心してご来院ください。

お客様の声

腰痛の整体を受けていただいた方のご感想です。

大阪市天王寺区の50歳代女性【Uさん】
堺市の40歳代男性【Iさん】

当院について

大阪市の整体院です。

整体院:ことは整体
所在地:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16 北井ビル1階
最寄駅:大阪市営地下鉄【谷町線】の四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩1分
◎天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅
◎大阪(東梅田駅)・南森町駅から10分〜12分
予 約:ご予約・お問い合わせページ
料 金:料金ページ


施術期間
通常、週1回のペースで1〜3回で終了致します。ただし、施術には個人差があり、症状にも重度軽度があります。稀に4回以上の整体が必要な場合もあります

整体後の好転作用について
施術当日、または翌日に、稀に、症状がひどくなったような痛みや、筋肉痛のような症状が起こる場合があります。好転作用と呼ばれる症状で、お身体が良い方向に向かっている証拠です。1〜2日で治まる症状ですのでご安心ください。

院長よりメッセージ
大阪市天王寺区「ことは整体」では、なるべく早く症状を改善出来るように精一杯努力させていただきます。また、天王寺から1駅、大阪(東梅田)・南森町からも10〜12分のアクセス便利な整体院です。お気軽にお悩みをご相談ください。

◎住所:大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16
◎電話:06-6773-4555
◎最寄駅:大阪市営地下鉄谷町線【四天王寺前夕陽ヶ丘駅】の3番出口より徒歩1分

整体を受けていただいた方のご感想1
整体を受けていただいた方のご感想2
どんな整体?

整体理論について

手技について

整体の内容
症例集・コラム
当院について
リンク

リンク
当HPはリンクフリーです。
88×31バナー
大阪の天王寺「ことは整体」
http://www.kotoha-seitai.jp/

当HPをご紹介いただく以外での、文章・画像の無断転載・複製はご遠慮ください。


大阪市営地下鉄谷町線『四天王寺前夕陽ヶ丘駅』より徒歩1分(天王寺駅・谷町九丁目駅から1駅、東梅田駅・南森町駅から約10分)
【整体院名】ことは整体  
【所在地】大阪府大阪市天王寺区上汐6-4-16(1階店舗)  
【電話番号】06-6773-4555